口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)の方は、日常的な様々な面で苦労をし、辛い思いをすると思いますが、とくに面接と言うものは人生がかかっているだけに緊張が高まる瞬間です。普通の人でも緊張して上手に喋れないことが多いのに、もともと口下手(話すのが苦手な人を指す表現ですね)な人の場合の緊張や不安は計り知れないものがあるのでしょうか。しかし、面接は饒舌ならば上手にいくとは限らないのですから、口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)なことが面接で著しく不利になるということにはならないのです。面接官が見ているのは、その人物の人となりや意欲です。お店の人や営業職(向き不向きもありますが、努力次第で成績が伸ねせることもあるようです)だったら口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)では困ってしまうのですが、技術職やクリエイティブな部門では口下手(話上手な人の話し方を研究することで、上手に話すことができるようになるでしょう)でも全く問題ありません。ですので、必要よりも「口下手(訓練次第で話し上手になることもできるといわれています)だから不利だ」と思わないようにする事が、まず一番重要な事です。次に、面接に行く前にわずかでも緊張状態を軽くするべきですよね。面接の練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)を行うことも緊張を軽減するのに少しは役立つ為、是非一回でも多くの練習をしてください。スポーツ選手でも行うといわれていますが、イメージトレーニングやシミュレーションは多いほど成功へと繋がるはずです。また、面接で一番大事なのは、貴方の能力や意欲を購入して貰うことです。貴方の良いところを日頃から意識(失ってしまうと、時に生命の危険があります)することをして、わずかでも自信を強めましょう。貴方の言いたいことを言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)に書き記し、それを言葉(きちんと選ねないと、人間関係が大変なことになってしまいます)として話す練習(その時はつらくても後で振り返ると充実していたと懐かしくなるでしょう)もしたいところみたいですね。とにかく、口下手といっただけで面接で不利と言う事はないでしょうから、普通の面接の心得を熟読して練習(最後はどれだけやったかが自身に繋がるのだとか)をつんでみるのがオススメですー